自己処理の危険性とは

- 自己処理の危険性とは

自己処理の危険性とは

ムダ毛処理のトラブルは、自己処理によるお肌の負担が原因。
お家でできる処理法のほとんどは、毛を処理するのと同時に、お肌を傷つけています。
お肌のことを考えると、負担の少ないフラッシュ脱毛に切り替えてみましょう!
キレイモのフラッシュ脱毛は、日々の自己処理で傷ついたお肌のケアもできます。
自分でムダ毛処理をすると、いったいどんな風にお肌にダメージを与えるのか?
自宅での自己処理法と、お肌の負担についてまとめてみました。

炎症・乾燥・色素沈着…お肌の負担になっている自己処理法

≪カミソリ・シェーバー≫
鋭い刃で表面の毛を処理するのは、1番てっとり早いため多くの人が用いる方法です。しかし、毛と一緒に刃がお肌の表面も削ってしまうため、赤く腫れたり傷ができてアトになってしまいます。

≪ワックス・テープ≫
専用のテープや液を使って肌にくっつけ、一気に剥がして毛を抜く方法。毛根からムダ毛を処理できるので直後はキレイに見えますが、お肌に相当なダメージを残します。
傷ついた皮膚から細菌が侵入し炎症を起こす原因にもなり、お肌の弱い人はひどい場合だと皮膚科に通うことに。

≪脱毛クリーム・脱色≫
ムダ毛の色を抜いたり、クリームで毛を溶かす方法で要注意なのは、使う薬剤によって肌荒れを起こす「薬剤負け」。
毛の色を変えたり溶かすほどの強さをもった薬剤。塗ったパーツが真っ赤になったり激しいかゆみに悩まされたりすることがあります。
お肌にやさしいタイプのものでも、敏感肌の人は事前のパッチテストは必ずしましょう。

≪毛抜き≫
ピンセットで1本1本毛を抜いていくこの方法は、毛穴にとても負担がかかります。
毛穴を広げてしまう大きな原因になり、一度ぽっかりあいた毛穴を元に戻すことはむずかしく、広がった毛穴に汚れがつまり、吹き出物がくりかえしできやすくなります。

お肌へのストレスがフリーに!キレイモの「フラッシュ脱毛」

毛穴やお肌にダメージを与えずに毛をなくしていくには、プロの手に頼るのが1番。
特に敏感肌の人は「フラッシュ脱毛」がオススメです。光脱毛は毛のメラニンだけに反応するので、お肌に負担をかけることなく脱毛することができます。
毎日の自己処理ですでに傷ついてしまったお肌も大丈夫!
広がった毛穴やダメージを受けたお肌の修復にも効果を発揮するのがフラッシュ脱毛のもう一つのメリット。フェイシャルケアにも使われている光ですので、充分に期待できます。
日々のムダ毛処理は、お肌トラブルの元。
キレイモのフラッシュ脱毛で、傷ついたお肌をケアしながらムダ毛をなくしていきましょう!

Copyright(C)2015ムダ毛ケア、まだ自己処理?お肌の弱い人にはフラッシュ脱毛All Rights Reserved.