カミソリが起こす「埋没毛」の原因って?

- カミソリが起こす「埋没毛」の原因って?

カミソリが起こす「埋没毛」の原因って?

自己処理をしたあと、うすい皮膚に毛が埋まっているのを見つけたことはありませんか?
それは、「埋没毛」と呼ばれる、れっきとしたお肌トラブルです。
なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?
「埋没毛」ができる原因とメカニズム、そして予防法としてオススメな「フラッシュ脱毛」についてご紹介します!

お肌トラブルを引き起こす「埋没毛」ってなに?

埋没毛ができる主な原因は、「お肌への過度な負担」です。主に自己処理で発生し、ムダ毛を処理した数日後にできていることが多くあります。
自己処理によって受けたお肌のダメージを修復しようと毛穴を皮膚でふさいでしまい、その下で毛が発毛し成長。普通なら皮膚から出た状態で伸びる毛が修復されたお肌の中に閉じ込められてしまうことで、埋没毛ができてしまいます。
黒くポツポツして、肌触りもザラザラで見栄えも悪く、顔のうぶ毛で埋没毛ができると最悪。
化粧ノリが悪くなったりメイクが密着せず浮いてしまったりしてしまいます。

フラッシュ脱毛で、肌ストレスと埋没毛にサヨナラ!

埋没毛を無理にほじくりかえすと、かえってお肌トラブルを悪化させてしまう場合も…。
うすい皮膚を切開すると、その部分に雑菌が入りやすくなります。そのため、毛穴が炎症を起こしてシミができてしまったり、化膿して余計に状態が悪くなってしまったり。
埋没毛ができてしまったら、これ以上ダメージを悪化させないケアが大切です。スクラブでマッサージしながら角質を落としたり、自己処理後にボディ用の保湿クリームでお肌を保護すると良いでしょう。
とはいっても、埋没毛ができてしまった時点で、それはお肌に相当な負担がかかっている証拠。埋没毛を発生させずにムダ毛処理をするには、「フラッシュ脱毛」がオススメ。
キレイモの脱毛は、光の照射は直接お肌にダメージを与えることはないので、埋没毛を防ぎながらムダ毛ケアができます。
できてしまってからでは遅い埋没毛。大事なのはお肌に負担をかけないムダ毛ケア!
埋没毛で悩んでいる人は、これを機会にフラッシュ脱毛を試してみるのはいかが?

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2015ムダ毛ケア、まだ自己処理?お肌の弱い人にはフラッシュ脱毛All Rights Reserved.